本文へスキップします。

エディタV2
H1

環境

エディタV2

Environment

エディタV2

環境マネジメント

安田倉庫グループ環境方針

安田倉庫グループは環境保全への取り組みを経営の最重要課題の一つと認識し、物流事業・不動産事業を通じ環境に配慮した高品質で安心なサービスの提供と次世代へ繋ぐ豊かな環境の創造に努め、お客様をはじめ社会から信頼される環境貢献企業を目指します。

安田倉庫グループ環境方針はこちらから

環境マネジメント推進体制

安田倉庫グループは環境マネジメントシステムの組織・運営体制を整備し、継続的改善と地球環境汚染の防止に取り組んでおります。

行動計画と目標

対象範囲:

ISO14001適用範囲事業所
安田倉庫株式会社(全拠点)、安田運輸株式会社(全拠点)、日本ビジネス ロジスティクス株式会 社(全拠点)、株式会社安田エステートサービス(全拠点)

2021年度全社及び部門の品質/環境 目的・目標登録表

実績

(1)環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証取得

    安田倉庫株式会社(全拠点)、安田運輸株式会社(全拠点)、日本ビジネス ロジスティクス株式会社(全拠点)、株式会社安田エステートサービス(全拠点)

(2)環境法規制違反件数(環境コンプライアンス)

    2020年度における違反はありません。

環境保全活動

気候変動への対応

取り組み紹介

(1)東京都 地球温暖化対策優良事業者 Sランク
    安田倉庫は、2020年度東京都地球温暖化対策報告書制度のCO2削減状況に係る評価において、東京都よりSランク(特に優良な事業者)の評価を受けました。
(2)エコシップマーク優良事業者の認定

    安田倉庫は、神奈川県から福岡県までの在庫移動に際し海上輸送を利用することでCO2の削減に貢献していることから、エコシップマークの優良事業者として2020年に認定されました。
    「エコシップマーク認定制度」とは環境対策に貢献する企業へのバックアップを目的に、海運事業者等で組織する「エコシップ・モーダルシフト事業実行委員会」が、国土交通省海事局の協力を得て2008年7月に創設した制度で、環境負荷の少ない海上輸送を一定以上の割合で利用している荷主企業、物流企業に対し「エコシップマーク」の使用を認定する制度のことです。
(3)ホワイト物流推進運動への参加
    安田倉庫は、国土交通省、経済産業省、農林水産省の3省が提案する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、自主行動宣言を提出致しました。
    船舶や鉄道へのモーダルシフトなどによりCO2排出量の削減を図るとともに、循環型社会に貢献してまいります。
(4)排ガス排出量の削減
    共同配送サービスやエコドライブの推進等により排ガス排出量の削減に取り組んでおります。
(5)緑化推進、設備・システムの導入及び更新

    敷地内緑化、屋上緑化・壁面緑化などは都市におけるヒートアイランド現象の緩和等に効果があり、当社としても地球温暖化対策の一環として取り組んでおります。
    また、省エネルギー型設備・システムの導入及び更新の観点から、保有施設や事務所へのLED照明の設備導入・更新、太陽光発電設備の導入等を進め建物での省エネ・温暖化対策に努めております。

    太陽光発電設備:茨木営業所

    屋上緑化:東雲営業所
    (東京メディカルロジスティクスセンター)

(6)TCFDへの取り組み
    気候変動に係るリスク及び収益機会が自社の事業活動や収益等に与える影響については、安田倉庫グループ全体として非常に重要な課題の一つとして認識しており、現在、TCFD等の枠組みに基づく検討を進めております。
(7)グリーン購入
    事務用品の購入に際して、環境への負荷ができるだけ少ない商品を選んで購入するグリーン購入を推進しております。

実績

(1)エネルギー使用量(原油換算)(kl)

単位:キロリットル/( )内:構成比率

電気 軽油 ガソリン その他 合計
2020年度 10,513(90.7) 992(8.6) 40(0.3) 51(0.4) 11,596
2019年度 10,727(90.4) 1,035(8.7) 53(0.4) 49(0.4) 11,864

対象範囲:ISO14001適用範囲事業所における数値実績

(2) CO2排出量(Scope1+2) (t-CO2)

単位:トン

Scope1排出量 Scope2排出量
2020年度 2,836.5 18,868.0
2019年度 2,991.0 20,777.0

対象範囲:: ISO14001適用範囲事業所における数値実績
使用した地球温暖化係数:IPCC第5次評価報告書(AR5-100年値)

(3) エコカー保有率

    ■安田運輸株式会社 所有全車両:
     「尿素SCRシステム」搭載のクリーンディーゼル車を使用(事業用113台、自家用9台)

    ■安田倉庫株式会社 使用業務車:
     ハイブリッド車比率 22.4%
    ※2021年3月末時点の実績となります。

(4)車両の車種別燃費使用状況(走行距離/燃料使用量)
目標 2020年度実績
使用車両の平均燃費:
基準値(2018年度)に対し、2021年度
までに1%向上
安田運輸㈱の年間平均燃費(km/ℓ)
軽油   :5.5%向上
(2020年度目標は0.7%向上のため達成)
ガソリン車:6.2%低下
(2020年度目標は0.7%向上のため未達成)
(5) 「建物」の「床面積」当たり電気使用量目標及び実績
目標 2020年度実績
基準値(2018年度)に対し、
2021年度まで、年平均1%削減
 11.7%削減
(2020年度目標は1%削減のため、達成)

対象範囲: ISO14001適用範囲事業所における数値実績

廃棄物の発生抑制

取り組み紹介

安田倉庫グループは、限りある資源の有効活用と環境負荷の低減のため以下の取り組みを実施し、循環型社会の実現に貢献していきます。

(1)紙の使用量削減(ペーパーレス化推進)
  • ワークフローによる電子申請システムを導入し、稟議も含め社内の各種申請・届け出での承認→回付行為と保存のペーパーレス化を実現。
    (注:社内の承認行為をともなうその他の業務について、所管部署で鋭意ワークフロー化を進めています。)
  • 一部営業所でインターネットFAX導入によりPDF形式の電子ファイルとして受信することとし、複合機から自動的に印刷される事態を回避。
  • 音声でのピッキング指示など、事務所から現場への作業指示をペーパーレスで行う試みを推進しています。
(2)廃棄物の削減/リサイクル運動推進(3R)
  • Reduce 5S活動(整理 整頓 清掃 清潔 躾)を通じ所内の美化と廃棄物削減を促進
  • Reuse ストレッチフィルム等の包装材を再利用
  • Recycle 段ボール等古紙類や資源ごみの分別徹底

実績

(1)廃棄物等総排出量(トン)

    2020年度実績  1,609.5(トン)
    対象範囲:ISO14001適用範囲事業所における数値実績

(2)廃棄物等総排出量(トン) 削減の目標及び実績
目標 2020年度実績
総排出量:
基準値(2018年度)に対し2021年度までに9%削減
 11.5%削減
(2020年度目標は6%削減のため、達成)

対象範囲:ISO14001適用範囲事業所における数値実績

(3)コピー用紙使用量削減の目標及び実績
目標 2020年度実績
収益当りコピー用紙使用量:
基準値(2018年度)に対し2021年度までに6%改善
4.2%改善
(2020年度目標は4%改善のため、達成)

対象範囲:ISO14001適用範囲事業所における数値実績

(4)再資源化率の目標及び実績
目標 2020年度実績
リサイクル率:
2021年度までにリサイクル率75%
 66.6%
(2020年度目標は74%のため、未達成)

対象範囲:ISO14001適用範囲事業所における数値実績
※ストレッチフィルム包装資材のほか、古紙や段ボール等が対象となります。