本文へスキップします。

【参】pageTitleBg:会社情報
serviceBg
H1

沿革

沿革
1919年12月20日 興亜起業株式会社として払込資本金400万円で創立。
本店を合名会社安田保善社内に設置。
1924年2月 横浜市で普通倉庫業を開業。(現・守屋町営業所)
1932年3月 東京市芝区に倉庫を建設し東京営業所を開設。(現・芝浦営業所)
1934年7月 社名を臨港倉庫株式会社と改称。
1942年7月 社名を安田倉庫株式会社と改称。
1944年4月 日本倉庫統制株式会社に倉庫施設を供出。
1949年3月 社名を太洋倉庫株式会社と改称。
1950年5月 山下町支庫を開設。(のち横浜港営業所)
1954年10月 社名を安田倉庫株式会社に復称。
1962年6月 現・株式会社ヤスダワークス(現・連結子会社)を設立。
1968年3月 東京都港区に安田倉庫本館ビル完成、本店を同所に移転。
1970年7月 北海安田倉庫株式会社(現・連結子会社)を設立。
9月 平和島営業所を開設。
1971年5月 八王子営業所、厚木営業所を開設。
11月 本牧営業所を開設。
1972年7月 東京港営業所を開設。
11月 現・安田運輸株式会社(現・連結子会社)を設立。
1973年8月 板橋営業所を開設。
1984年9月 北大阪営業所を開設。
1985年3月 株式会社安田ビルを設立。
1987年9月 大井営業所を開設。
1990年3月 大黒営業所を開設。
6月 株式会社安田エステートサービス(現・連結子会社)を設立。
12月 東扇島営業所を開設。
1991年7月 本店を東京都港区、安田8号ビルに移転。
1995年9月 大井埠頭営業所を開設。
1996年2月 上海駐在員事務所を開設。
8月 大黒流通センターを開設。
1997年1月 東京港営業所と横浜港営業所を統合し、国際輸送センターを開設。
1999年6月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
2000年2月 加須営業所を開設。
8月 安田倉儲(上海)有限公司を設立。
9月 システム流通センターを開設。
2001年2月 柏営業所を開設。
2002年1月 品質管理の国際規格ISO9001の認証を取得。
12月 北京駐在員事務所を開設。
2003年4月 芙蓉エアカーゴ株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
2005年1月 情報セキュリティ管理の国際規格ISO27001の認証を取得
3月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
環境管理の国際規格ISO14001の認証を取得。
9月 香港駐在員事務所を開設。
2007年1月 安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。
2月 ハノイ駐在員事務所を開設。
2008年1月 日本ビジネス ロジスティクス株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
4月 加須第二営業所及び大阪営業所を開設。
12月 新山下営業所を開設。
2009年8月 YASUDA LOGISTICS(VIETNAM)CO.,LTD.(現・連結子会社)を設立。
2011年6月 安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司 上海青浦物流センターを開設。
2012年10月 ジャカルタ駐在員事務所を開設。
2013年10月 安田メディカルロジスティクス株式会社(現・連結子会社)を設立。
2014年1月 茨木営業所を開設。メディカル物流ユニットを設置。
7月 ITキッティングユニットを設置。
10月 安田運輸株式会社が高木工業物流株式会社(現・ワイズ・プラスワン)を完全子会社化。
2015年7月 株式会社安田ビルを吸収合併。
9月 安田物流(上海)有限公司(現・連結子会社)の営業開始。
2016年1月 医療機器品質管理の国際規格ISO13485の認証を取得。
2月 加須営業所と加須第二営業所を統合のうえ、首都圏文書・情報管理センターに改称。
4月 茨木営業所に北大阪営業所を統合。
2017年7月 九州営業所を開設。
10月 株式会社ワイズ・プラスワン(現・連結子会社)を完全子会社化。
12月 PT. YASUDA LOGISTICS INDONESIA(現・連結子会社)を設立。
2019年11月 大西運輸株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
2020年1月 オオニシ機工株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
6月 東雲営業所を開設。
12月 本店を東京都港区、msb Tamachi 田町ステーションタワーN 29階に移転。
2021年1月 東雲営業所辰巳倉庫を開設。
11月 南信貨物自動車株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。株式会社パワード・エル・コム(現・連結孫会社)、城南運送株式会社(現・連結孫会社)、ルピナ車輌サービス株式会社(現・連結孫会社)を完全孫会社化。
2022年4月 東京証券取引所プライム市場に株式を上場。