本文へスキップします。

【全:スマホ】ヘッダーコンテンツ

安田倉庫株式会社

アクセス

メニュー

【全】ロゴ上キャッチコピー

倉庫・輸配送・文書保管・国際物流の物流サービスと不動産賃貸

【全】言語ボタン

サイト内検索 検索

閉じる

H1

長期ビジョン・中期経営計画

中期経営計画

長期ビジョン・中期経営計画の策定について

当社は、安田倉庫グループの2030年にあるべき姿としての「長期ビジョン2030」と、中期経営計画として2019年度から2021年度までの3年間を対象期間とする「YASDA Next 100」を策定いたしましたので、その概要をお知らせいたします。

長期ビジョン・中期経営計画の概要

当社は、2016年度から2018年度までの3年間を対象期間とする安田倉庫グループの中期経営計画として、「中期経営計画2018」を策定し、お客様のニーズにお応えするため国内外での拠点展開やサービス拡充、品質向上等に取り組み経営基盤の強化に努めてまいりました。
当社グループを取り巻く事業環境は、国内においては労働力不足等を背景に多様な働き方の推進やAI・ロボティクス等新技術の活用が進むとともに、お客様からもこれまで以上に付加価値の高いサービスの提供が期待されています。また海外においては、アジアを中心とする人口増加に伴う急速な経済発展等により、貿易量や域内消費市場の今後更なる拡大が見込まれています。
このような外部環境の変化のもと本年12月に創業100周年の節目を迎える当社グループでは、次の100年の成長に向けた事業体制の構築と更なる成長を目指し、2030年のあるべき姿としての「長期ビジョン2030」と、長期ビジョンを実現するための計画として2019年度から2021年度までの3年間を対象期間とする中期経営計画「YASDA Next 100」を策定いたしました。

長期ビジョン2030
 
 

YASDA Next 100

1.基本方針
     

2.基本目標
  上記の基本方針を踏まえ、以下を今後3年間の基本目標とします。


   

3.基本戦略
  基本目標達成のため、以下の3点を今後3年間の基本戦略とします。

4.投資計画
  設備投資については、規律ある財務運営を念頭に置きつつ、各事業において継続的に行ってまいります。