本文へスキップします。

【全:スマホ】ヘッダーコンテンツ

安田倉庫株式会社

アクセス

メニュー

【全】ロゴ上キャッチコピー

倉庫・輸配送・文書保管・国際物流の物流サービスと不動産賃貸

【全】言語ボタン

サイト内検索 検索

閉じる

H1

沿革

沿革

大正8年12月20日 興亜起業株式会社として払込資本金400万円で創立。
本店を合名会社安田保善社内に設置。
大正13年2月 横浜市で普通倉庫業を開業。(現・守屋町営業所)
昭和7年3月 東京市芝区に倉庫を建設し東京営業所を開設。(現・芝浦営業所)
昭和9年7月 社名を臨港倉庫株式会社と改称。
昭和17年7月 社名を安田倉庫株式会社と改称。
昭和19年4月 日本倉庫統制株式会社に倉庫施設を供出。
昭和24年3月 社名を太洋倉庫株式会社と改称。
昭和25年5月 山下町支庫を開設。(のち横浜港営業所)
昭和29年10月 社名を安田倉庫株式会社に復称。
昭和37年6月 現・株式会社ヤスダワークス(現・連結子会社)を設立。
昭和43年3月 東京都港区に安田倉庫本館ビル完成、本店を同所に移転。
昭和45年7月 北海安田倉庫株式会社(現・連結子会社)を設立。
9月 平和島営業所を開設。
昭和46年5月 八王子営業所、厚木営業所を開設。
11月 本牧営業所を開設。
昭和47年7月 東京港営業所を開設。
11月 現・安田運輸株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和48年8月 板橋営業所を開設。
昭和59年9月 北大阪営業所を開設。
昭和60年3月 株式会社安田ビルを設立。
昭和62年9月 大井営業所を開設。
平成2年3月 大黒営業所を開設。
6月 株式会社安田エステートサービス(現・連結子会社)を設立。
12月 東扇島営業所を開設。
平成3年7月 本店を東京都港区、安田8号ビルに移転。
平成7年9月 大井埠頭営業所を開設。
平成8年2月 上海駐在員事務所を開設。
8月 大黒流通センターを開設。
平成9年1月 東京港営業所と横浜港営業所を統合し、国際輸送センターを開設。
平成11年6月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成12年2月 加須営業所を開設。
8月 安田倉儲(上海)有限公司を設立。
9月 システム流通センターを開設。
平成13年2月 柏営業所を開設。
平成14年1月 品質管理の国際規格ISO9001の認証を取得。
12月 北京駐在員事務所を開設。
平成15年4月 芙蓉エアカーゴ株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
平成17年3月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
環境管理の国際規格ISO14001の認証を取得。
9月 香港駐在員事務所を開設。
平成19年1月 情報セキュリティ管理の国際規格ISO27001の認証を取得
1月 安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司(現・連結子会社)を設立。
2月 ハノイ駐在員事務所を開設。
平成20年1月 日本ビジネス ロジスティクス株式会社(現・連結子会社)を完全子会社化。
4月 加須第二営業所及び大阪営業所を開設。
12月 新山下営業所を開設。
平成21年8月 YASUDA LOGISTICS(VIETNAM)CO.,LTD.(現・連結子会社)を設立。
平成23年6月 安田中倉国際貨運代理(上海)有限公司 上海青浦物流センターを開設。
平成24年10月 ジャカルタ駐在員事務所を開設。
平成25年10月 安田メディカルロジスティクス株式会社(現・連結子会社)を設立。
平成26年1月 茨木営業所を開設。メディカル物流ユニットを設置。
7月 ITキッティングユニットを設置。
10月 安田運輸株式会社が高木工業物流株式会社(現・ワイズ・プラスワン)を完全子会社化。
平成27年7月 株式会社安田ビルを吸収合併。
9月 安田物流(上海)有限公司(現・連結子会社)の営業開始。
平成28年1月 医療機器品質管理の国際規格ISO13485の認証を取得。
2月 加須営業所と加須第二営業所を統合のうえ、首都圏文書・情報管理センターに改称。
4月 茨木営業所に北大阪営業所を統合。
平成29年7月 九州営業所を開設。
10月 株式会社ワイズ・プラスワン(現・連結子会社)を完全子会社化。
12月 PT. YASUDA LOGISTICS INDONESIA(現・非連結子会社)を設立。