本文へスキップします。

【全:スマホ】ヘッダーコンテンツ

安田倉庫株式会社

アクセス

メニュー

【全】ロゴ上キャッチコピー

倉庫・輸配送・文書保管・国際物流の物流サービスと不動産賃貸

【全】言語ボタン

サイト内検索 検索

閉じる

H1

メディカル営業第一部 植村 祥伍さん

メインメッセージ

作業と配送が一体となった
当社独自の医薬品物流サービス

メディカル営業第一部
植村 祥伍さん

2011年入社 国際文化学部卒

植村 祥伍さんのメイン画像

メッセージ

医薬品配送で他社にない強みを発揮

植村 祥伍さんの画像1日本と海外を結ぶ仕事がしたいと思い、物流業界を志望しました。現在は医薬品やヘルスケア製品を製造・販売しているお客様へ、物流に関する提案営業を行っています。当社の強みは、運送部門と作業部門が一体となった独自の物流サービス。運送部門の関連会社を抱え、その会社が保有する医薬品専門車両をフル活用できることが、お客様から高く評価されています。現在は関東と関西を主なエリアとしていますが、今後はますます多くのお客様へ物流サービスを提供できるよう、近い将来、東北や北陸へも進出する予定です。医薬品は時代の潮流に左右されず、順調に成長している業界であるため、私たちへのニーズもさらに高まっていくと予測しています。

医薬品管理・配送のプロとして

植村 祥伍さんの画像2医薬品の物流には、細かな取り決めや必要とされる条件が詳細に定められています。適切な温度や湿度を保持しなければなりませんし、医薬品によっても必要な保管環境は異なります。また、医薬品の中には麻薬成分が含まれているものもありますから、より一層、厳重に取り扱わなければなりません。そうしたことをしっかり学び、適切に保管・管理することが、医薬品を扱う私たちの責務であると強く認識しています。部署に配属されたばかりの頃は、一生懸命、医薬品の適正管理基準を勉強する毎日でしたが、メーカーのお客様と対等にお話できるようになり、業務を一任されるようになると、自分の成長を実感することができました。

緻密さと正確さを心がける

植村 祥伍さんの画像3常に思うのは、”一歩先を読み取る力”が必要だということです。たとえば、お客様のご要望に基づいて倉庫を建設するにも、ご商材の量や日々の流通量など細かなところまで配慮しなければ、適切なスペックの倉庫を考えることはできません。この仕事では、緻密さと正確さが何よりも必要だと感じています。

休日の過ごし方/1日の流れ

休日の過ごし方

映画鑑賞が趣味なので、休日にはよく映画館へ出かけています。休日出勤もほとんどなく、職場では上司が率先して有給休暇を取得している環境なので、仕事もプライベートも充実している社員が多いのかなと思います。

1日の流れ

8:30 出社メールチェック、書類整理、今日の予定を確認。
午前中は社内、午後はお客様2社を訪問。
9:00 部内打ち合わせ各担当者が抱える案件の進捗状況と課題展望を共有。
11:00 資料作成&イメトレ午後の外回りに向けて提案書などを作成。
進め方や想定質問事項などを頭の中でイメージ。
12:00 移動&昼食会社を出てお客様の近くまで移動。この日は電車。
最寄駅に到着後、近くの店で昼食。
13:00 商談&外回り(1社目) 当社サービスの説明と見積書を提示。
(2社目) 合流した上司と新規アプローチ。
17:00 戻り&残務処理今日1日の対応履歴を報告書にまとめる。メール返信、翌日のための資料作成。
19:00 退社