本文へスキップします。

【全:スマホ】ヘッダーコンテンツ

安田倉庫株式会社

アクセス

メニュー

【全】ロゴ上キャッチコピー

倉庫・輸配送・文書保管・国際物流の物流サービスと不動産賃貸

【全】言語ボタン

サイト内検索 検索

閉じる

H1

物流推進部 中川 陽介さん

メインメッセージ

安田倉庫の新たな価値創造をめざし、
物流業務の効率化や改善を推進

物流推進部
中川 陽介さん

2011年入社 経済学部卒

中川 陽介さんのメイン画像

メッセージ

お客様へのサービスを追及し、物流業務の理想形を考える

中川 陽介さんの画像1物流推進部では、各営業所への統括・管理・支援を行い、日々の倉庫現場での業務が効率的に進むように考え、改善策を提案するのが主な業務です。その中でも、私の所属する物流技術グループでは、日々進化していく物流の新技術を研究したり、新しい物流機器の導入を推進したりしています。その他にも、各営業所を訪問しながら、問題点や課題などをヒアリングし、時には長期プロジェクトとして、解決策を一緒に考えていく社内向けコンサルティングのような業務も行っています。すべての業務に共通していることは、現場業務の効率化を目指し、それをお客様へのサービスとして還元すること。それが、安田倉庫独自の魅力になると考えています。

信条は「段取り八分」 入念な事前準備が実を結ぶ

中川 陽介さんの画像2業務をする中で心がけていることは、「入念に事前準備を行う」ということです。業務の一環として、各現場へ訪問して勉強会を行い、その講師として話す機会があります。そんな時には「段取り八分」という言葉を胸に、話し手として事前にしっかりと準備して臨めば、その気持ちは聞き手側にも伝わると信じています。「一番伝えたいことは何だろうか?」「それを伝えるためにはどう説明しようか?」と、あれやこれやと事前に考えを張り巡らせ、当日のイメージを膨らませてから、当日を迎えます。そういった勉強会の内容が実を結び、各現場で日々の業務が円滑に進むようになることが、私自身のやりがいです。

部署や業種の垣根を越えて 多くの人と触れ合える

中川 陽介さんの画像3社員同士の距離が近いため、部署間の垣根を越えて相談することもあり、その中で具体的な解決策が生まれることも。業務を行う過程では、様々な業種の方と関わることができ、勉強になる機会もたくさんあります。街中で自分が関わっている商品を見かけることも多く、日常生活にも密接に関わっている大切な仕事だと実感します。

休日の過ごし方/1日の流れ

休日の過ごし方

オンとオフはしっかり切り替えることが大切だと感じています。休日は家族と一緒に出掛けたり、家でのんびりしたり、時には友人たちとも遊んだり。オフの時間を目一杯楽しむこと、それこそがオンの時間の活力につながっています。

1日の流れ

8:30 出社時間にゆとりを持って早めに出社。新聞を読みながら、何か目新しい情報がないか確認。
9:00 始業開始予定していた一日の流れを再確認する。その日やることは事前に考えておくことが大事!
9:30 関係業者との打ち合わせ物流機器会社と打合せ。こういった打合せは、新しい情報を入手できる良い機会です
10:30 部内会議週に一度部内全員で情報を共有する。
12:00 昼食社内の食堂でランチタイム。日替わりメニューもあり、毎日楽しみです。
14:00 営業所へ往訪この日は出張勉強会。ポイントを分かりやすく伝えられるよう意識しています。
18:00 退社デスクに戻り、翌日の予定をまとめてから退社。今日は週に一度の社内英会話講座の日!